季節の花(2017)

5月には会津の桜も散り始め、花水木の時期、今年は我が家のチューリップも咲き始め、ようやく黒も咲き始めました。

 今年はたった二本でした。まるで娘と4月に亡くなったチャクラが寄り添っているようです。

娘が好きだったチューリップ・・・・昨年は忘れて下さいの花ことばと共に沢山さきました。


ふきのとう

野のすみれ(種類が多く葉の形が違う)


季節の花(2016)

8月12日

家の近くの道端に葛の花が沢山咲きました。


7月、家の周の野草

7月になると、毎年通学路に現れ、刈られても絶える事なく出てきます。ワルナスビ『悪茄子』というのだそうで、6~10月、嫌われ者の茄子科の帰化植物、茎に鋭い棘があります。花言葉は名の通り『悪戯』


6月、我が家の花

柏葉あじさい、昨年の花が終わった状態で¥500で買った鉢植えを土に植えかえて、今年は見事に花が咲き、大きくなりました。(*^_^*)

昨年は一つも咲かずがっかりでしたが、今年は花が沢山ついて嬉しい~~♪

大宮の陶芸仲間から引越の記念にいただいた綺麗な色のあじさいは今年見事に咲きました。(^-^)

 

 

昨年のカスミ草の種がこぼれ鉢いっぱいに咲いています。


今年のスモークツリーは一回り大きくなり、花も沢山つきました。

めだかのいるため池ニ箇所に今年もミニ睡蓮が咲き始め、ラベンダーとミニバラもどうにか隅っこで咲き始めました。


シラン

名前の忘れた昨年植えた花と道端で見つけた山野草

    裏磐梯レイクリゾートのつばめ


花水木が終わり、ヤマボウシ

鶴ヶ城の近くの文化センターには大きなヤマボウシの木がありました。見事に咲いていました。(5/21)


山野草

我が家の庭に毎年、ひっそりと5月に咲いてくれる花で、自由が丘のコンテナガーデン(杉井あけみ教室)を習っている時の山野草を使った物。何年か前に庭に植え替えをしました。

立浪

葉の裏に細かい毛が生えているため、ビロードタツナミともいわれ泡立って押し寄せてくる波の様子に似ていることからの由来。

常緑の多年草で暑さ寒さに強く、グランドカバーにむいている。

姫委蕤

ひめいずい、委ずい(甘野老)あまどころの漢名で姫をつけて『小さな甘野老』の意味。

草原に生えるナルコユリの仲間